MENU

キーワード あ

アイドマ

アイドマ(AIDMA)は、1920年代にアメリカの著作家サミュエル・ローランド・ホール氏によって提唱された、消費者の購買行動プロセスを説明するモデルです。45AIDMA は以下の5つのステップから構成されています:

  1. Attention (注意) – 商品やサービスについて知る
  2. Interest (関心) – 興味を持つ
  3. Desire (欲求) – 欲しいと感じる
  4. Memory (記憶) – 記憶に残る
  5. Action (行動) – 購買行動を起こす

このモデルは、マーケティング担当者が消費者の購買プロセスを理解し、各ステップに適切なアプローチを行うことで、効果的な販促活動につなげられるというものです。4AIDMA は短期的な消費者の購買行動を説明するモデルとして知られており、より長期的な視点を持つAISAS (Attention, Interest, Search, Action, Share)モデルなどとも比較されます。

アクイジション

・新規顧客獲得


アクイジション(Acquisition)とは、新規顧客を獲得するためのマーケティングの手法です。具体的には、自社の商品やサービスに興味を持っている見込み客を見つけ出し、購買につなげるためのアプローチを行うことです。 アクイジションを適切に行えば、新規顧客の獲得や契約、収益につなげることができます。アクイジションは、企業の成長を表すAARRRモデルの最初の段階に位置づけられます。AARRRモデルをスムーズに進めるためには、アクイジションで着実に新規顧客を獲得することが重要です。アクイジションの特徴は以下の通りです。

  • 新規顧客の獲得に既存顧客の維持(リテンション)に比べて5倍のコストがかかる
  • BtoBでは営業活動が中心、BtoCではマーケティングが中心
  • 具体的な施策には、営業訪問、広告配信、コンテンツ配信などがある

つまり、アクイジションは企業成長の基礎となる新規顧客獲得の手法であり、適切な施策を行うことで事業の拡大につなげることができます。



「アクイジション」は、一般的には「acquisition(アクイジション)」という英語の単語の日本語表記です。ビジネスや経済の文脈で使われることが多く、特に企業が他社や事業を買収することを指します。

例えば、会社Aが会社Bを買収する場合、「会社Aが会社Bをアクイジションする」と表現されます。これにより、会社Aは会社Bの株式を取得し、統合して新たな組織として運営することが可能になります。

アドオン

アルゴリズム特性

・SNSなどで、個々のユーザーと関連性の高いコンテンツを多く提示する仕組み

アンゾフの成長マトリックス

 

アンモニア生成

低コストで環境にもやさしい、新アンモニア生成方法

食品廃棄物「おから」から、アンモニアを生成

アンモニアは、発電の燃料になる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次