キーワード 一覧

A

ABC理論

・アルバートエリス提唱
A:Activating event(出来事)
B:Belief(信念、固定観念)
C:Consequence(結果)

AI

・人工知能(artificial intelligence、AI)。人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術

AIDMA(アイドマの法則)

A:Attention(注意)
I:Interest(関心)
D:Desire(欲求)
M:Memory(記憶)
A:Action(行動)

As is/To be(ギャップ分析)

・AsIs(現状)とToBe(あるべき姿)との差をギャップとして捉え分析する手法

BI(Business Intelligence)

CS/CE分析

・顧客の期待値(Customer Expectation)と顧客の満足度(Customer Satisfaction)のそれぞれを、顧客の支払うコスト=商品・サービスの価格と比較した際のギャップを元に、顧客が感じるバリュー(価値)について分析を行う手法
・『問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」

DMマーケティングエキスパート認定資格試験

ECRS(イクルス)

・E:Eliminate 排除  ~なくせないか?
・C:Combine  結合  ~一緒にできないか?
・R:Rearrange 交換  ~順序を変更できないか?
・S:Simplify 簡素化  ~簡素化、シンプルにできないか?

FABE(ファブ)

・F:Feature(特徴)
・A:Advantage(利点)
・B:Benefit(利益)
・E:Evidence(証拠)

FRB

・アメリカ合衆国連邦準備制度理事会、連邦準備銀行

・世界に絶大な影響を与える中央銀行

FX

・外国為替証拠金取引

・小さな資金でも大きな取引ができるFX

FTA

・貿易の自由化を目指す貿易協定

GROWモデル

・G:Goal-目標
・R:Reality-現実、現状
・O:Options-選択肢、代替戦略案、行動案
・W:What, When, Who, Will-行動(何を、いつ、だれが、どんな意志で 行うのか)

IoT

・センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み。

KPT(ケプト)

・アジャイル手法のひとつ
・「PDCA」サイクルにおける「C」(Check)「A」(Action)に該当する手法
・K:keep=今後も続けること
・P:problem=問題なので、やめること
・T:try=今後、試してみたいこと

LTV(Life Time Value)

・顧客生涯価値

M&A

・大競争時代を勝ち抜く鍵となる企業買収

MECE(ミッシー、ミーシー)

・もれなく、ダブりなく
・Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive
・『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

MMI(能力成熟度統合モデル)

MOT

MVV(ミッション/ビジョン/バリュー)

・「ミッション」、「ビジョン」、「バリュー」
・フィリップ・コトラー提唱
・『コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

OARR(オール)

・O=Outcome 成果イメージ、具体的な目標
・A=Agenda   大まかなスケジュール
・R=Role    全員の役割
・R=Rule    参加者の心得、参加者が作る

PDCAサイクル

PEST

PM理論

PPM

PRAM(ピーラム)

QCD

RFM分析

R-STP-4P

SCAMPER(スキャンパー)

SECIモデル(セキモデル)

・共同化(Socialization):共体験などによって、暗黙知を獲得・伝達するプロセス

・表出化(Externalization):得られた暗黙知を共有できるよう形式知に変換するプロセス

・連結化(Combination):形式知同士を組み合わせて新たな形式知を創造するプロセス

・内面化(Internalization):利用可能となった形式知を基に、個人が実践を行い、その知識を体得するプロセス

・専門家:野中郁次郎、竹内弘高

・『知識創造の方法論―ナレッジワーカーの作法

SMART(スマート)

SNSプロモーション

・専門家:中野志穂

STP

・セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング

・マーケティングの基本。コトラーが提唱。

SWOT分析

TTP

・徹底的にパクる

・相川佳之「経験ある人の優れていると思われるやり方を素直にパクればいいのです。そして、パクリ切って経験や知識を身につけたところで、自分オリジナルの方法を考えればいい。」

UX

・ある製品やサービスを利用したり消費したときに得られる体験の総体

・フォントが読みやすい、お問い合わせフォームや購入ページまでの導線がわかりやすいなど。

UXハニカム

・ピーター・モービルが提唱

・7つの要素

価値がある(Valuable)

役に立つ(Useful)

望ましい(Desirable)

アクセスできる(Accesible)

信頼できる(Credible)

探しやすい(Findable)

使いやすい(Usable)

VIX指数

・将来の投資家心理を示す数値

・恐怖指数とも呼ばれる

・投資家たちの心を表す数値

 

VR

・バーチャルリアリティ(virtual reality)。現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。

VRIO

Will/Skillマトリクス

タイトルとURLをコピーしました